サービスお客様の物件を大切にお預かりいたします。

トップ>サービス>設備メンテナンス

設備メンテナンス

給水設備点検

水道法に基づいて、建物の規模等により受水槽が設置されている場合、受水槽の清掃を1年に1回以上定期的に実施し、その際水槽の点検や残留塩素濃度の検査、色濁度の検査を実施します。
また、規模にもよりますが、1年に1回以上登録検査機関による定期検査を受ける必要があります。
検査内容としては、施設の外観検査、水質検査、書類検査を行います。
給水設備は、ライフラインですので、衛生面の管理はもちろん、きちんと24時間稼動することがとても大切です。
給水設備点検は、受水槽、ポンプ、バルブ等各種機器の作動状態や損傷、劣化状況などを点検し、修理交換等の提案をします。

消防設備点検

消防法に定められた消防用設備点検と言います。 機器点検は、6カ月に1回以上消防設備士等の有資格者が消防設備の損傷・腐食・不具合等がないかを外観点検します。
総合点検は、1年に1回以上の機器点検に加え、配線点検や放水試験など、さらに詳しい内容について機器の機能を総合的に点検します。
報告義務は、建物規模によりますが、3年に1回所轄の消防署へ報告書を作成して提出する義務があります。

浄化槽設備点検

浄化槽が設置されている建物の場合、浄化槽法に基づき、保守点検、清掃(汲み取り)、法定検査が必要となります。

エレベータ設備点検(法定検査、保守点検)

建築基準法に定められた昇降機等定期検査と言います。
法定検査は、1年に1回以上定期的に昇降機検査資格者が検査を実施し、所轄の自治体へ報告書を作成して提出する義務があります。
保守点検は、昇降機の維持及び運行の安全を確保するため専門技術者に、点検その他必要な整備又は補修提案をするもので、自主的な点検です。

建築設備定期検査

建築基準法第12条に定められており、建築設備定期検査と言います。
知事や市長等が指定する一定の規模以上のマンション等の建築物は、事故や災害を未然に防止するため建築設備検査資格者が1年に1回定期的に建築設備(換気設備、排煙設備、非常用の照明設備、給水設備及び排水設備等)の状態を検査して特定行政庁へ報告するように定められています。
なお、検査報告を怠った場合の罰則として、建築基準法第101条により100万円以下の罰金が科せられます。

特殊建築設備定期検査

建築設備点検と同様、建築基準法に定められた検査報告です。
知事や市長等が指定する一定の規模以上のマンション等の建築物は、事故や災害を未然に防止するため特殊建築物等調査資格者が、3年に1回定期的に(5項目について)検査し、特定行政庁へ報告することが義務付けられています。

火災受信機給水設備検査給水設備検査非常用照明設備点検中
ページトップへ

サービス一覧

管理システム

  • 管理委託システム
  • サブリースシステム
  • 募集契約代行システム
  • 一戸建・分譲マンション管理システム
  • 貸出の流れ

建物管理代行

  • メンテナンス
  • 設備リース
  • 共用部の清掃等

募集に強いリフォーム

  • リフォーム

プロジェクトの流れ

  • 管理委託の流れ
  • リフォームの流れ
  • アパート建替えの流れ

(株)中央ビル管理の収益物件

  • 収益物件ご購入・ご売却

退去対策

  • 退去対策
  • 人気設備10
  • 賃貸管理データ集 賃料の推移データなど気になる 業界データを一挙公開!
  • アンケートによるオーナー様・入居者様の声
  • 長~く入居いただくためのヒント 退去対策
  • 実績豊富なプロが回答! 賃貸経営Q&A

お問い合わせ

call

048-987-9933

受付時間:9:30~17:00

emailお問い合わせフォーム
call048-987-9933受付時間9:30~17:00 emailお問い合わせフォーム